あんちょのページTOPへ

おまけシールの画像を見ることができます。
初期シール(人間) 列車(リアル) 列車(マンガ)


森永
ぼうチョコ

(おまけは「森永ボーシール」)
いつのまにかチョコベーの姉妹品としてなっていたのが「ぼうチョコ」です。
シールはチョコベーと比べると、少し細めになっています。
チョコベーの「ベェシール」は、〜ベー  でしたが、
ぼうチョコの「ボーシール」は、〜ボー  となっています。

初期のシールのコンセプトは、チョコベーと変わらないようです。
ぼうチョコの歴史
(「kirakira」さんや「山本沙姫」さん(ぼうチョコのCMソング)からの情報を元に
作成しています。(ほとんどが「kirakira」さんからの情報です)
   バルーンPOPの画像の一部は「カズマ」さんが提供してくれました。
1972年 昭和47年6月  「森永ぼうチョコ」は発売当時は「森永チョコクリーム」という商品名で
昭和47年6月に発売されました。価格は30円
 「チョコクリーム」のパッケージに(ぼう型)と入っていて
さらに「略称ぼうチョコ」とこの時すでにぼうチョコが名称として掲載されています。

パフ入りチョコレートと
パフ入りピーナッツクリームの
組み合わせ!!

さくさくとした歯ごたえに加え
クリームとチョコレートの味が
子供心をそそる。
1973年 昭和48年春  その後「ぼうチョコ」に変更されました。ですから
何とあの「森永チョコベー」よりわずか
2ヶ月ですが古い歴史を持っているのです。

初めはおまけはついてませんでした。
1974年 昭和49年4月(春) ここで「ボーシール」を入れて50円に値上げします。

昭和49年(秋)

パッケージに「ボーシール入り」と刻印されるようになります。

広告に森永ぼうチョコが載っていて、これが「ボーシールつき」となっています。
ということは昭和49年にはベェシールも現役ですから、両者は並行している
時期があり、姉妹品的関係であったと考えられます。
シールはたぶん第2弾まであり、それぞれ50種類あったと思われます。

ボーシール画像

1975年 昭和50年の
雑誌広告には
 昭和50年の雑誌にはシールの絵柄入りの「ぼうチョコ」の広告
があり、これは「ベェシール」と似ている物です。
1976年 昭和51年春の
雑誌広告には




キャラクターの絵
なんとも不気味です。
この絵は
漫画『猿飛佐助』で
有名な
「杉浦 茂」氏の
描いた
モンスターだそうです。
このキャラクターが
何人いるのかは
不明ですが、
全部見てみたいですね。

杉浦 茂氏は
2000年2月23日に
おなくなりになった
そうです。

(92歳)
ご冥福をお祈りします。
 次に昭和51年春には新ぼうシール(新ボーシール)がおまけとして
つくようになります。
シールの絵柄は列車のシールで、最初の頃のシールよりも もっとなが〜い
(長さ10センチメートル)シールとなります。
 それぞれの列車には切り込みが入っており、別々に取り出すことができます。
いろいろと組み合わせて
シール遊びができます。
 絵柄はマンガチックな物やとてもリアルな絵があり、全部で60種と思われます。
(それぞれ30種)

種類は全部で60種類!
リアルな列車の画像
30種
マンガチックな列車の画像
30種


この頃の店頭用POP(店頭でつるさげられていたものです。)
未開封のもあり、開けるのがもったいないので
今のところこのまま。
1977年 昭和52年 春


 昭和52年60円になりおまけに「ジャンピオン」がつくようになります。
しかし、完全に入れ替わったのではなく
「シール入りの50円」のと「ジャンピオン入りの60円」のが最初並行して
販売されていて
昭和52年中に50円(シール入り)の方は販売終了しその歴史を閉じました。

ジャンピオンもこの年のみの販売でした。


1978年 昭和53年

エックスだーゆもこの年鑿の販売でした。
昭和53年のおまけは「エックスダーユ」

値段は60円のままです。
ボーチョコCMソング
ボーチョコにエックスダーユ
ジャンプだービューン
バッジだぞ
森永ボーチョコにエックスダーユが付いた
それ以降 昭和53年中にこれも販売を終了し、「ぼうチョコ」の歴史は完全に幕を閉じました。
というのは昭和54年以降に「ぼうチョコ」の資料が皆無なので
53年で販売終了したと考えるのが自然だからです。


あんちょのページTOPへ