あんちょのページTOPへ
明治
「合体チョコボール」


 子供の頃にはよく集め、たくさん遊んでいました。当時はだいぶ気に入っていたらしく、リアリティーを求め、おなかの出っ張りや、ジョイント用の突起物を爪切りでパッチンパッチン切っていました。(じゃまに思っていたのでしょう)
 特に気に入っているのは、円盤(赤色でまん丸のやつ)です。当時、TVでもUFOが流行っていました。4チャンネルのUFO特集なんかも楽しみにしていました。
 いろいろと合体できるので、飛行機をロボットのウイングにしたり、自分だけの飛行機にしたり・・・と、楽しく遊んでいました。


「山本沙姫」さんより弾分けの情報と当時のCMについての情報が寄せられました。
今では覚えている人はほとんどいない中で、貴重な記憶だと思います。
山本さん本人は「あまりくわしく覚えていない。」と言いつつも、ものすごく詳しいです!
山本さんの情報と、あんちょの勝手な推測とを合わせて、以下、弾わけなどを紹介します。
○パッケージについて

 箱裏に合体メカのイラスト(一部が内部透視図になっていました)になっていて
箱同士をいろいろつなげてパノラマを作れるようになっています
 また、箱の脇に描かれているメカの名称や機能等がかかれています
 8輪装甲車型のメカは、イラストの解説には「タイヤがUFOになる」とかかれていた
らしいのですが、おまけでは再現されていないようです。


パッケージの種類は、表の絵が4種類
裏の絵が たくさん!(各弾それぞれ20種類はありそう)
裏の基地では、主に先頭を
担当しているようです。
主に中間を
担当しているようです
主に後方を
担当しているようです。


○パッケージのマイナー修正

1弾の途中から表記が
「宇宙基地
たのしくつながるおまけつき」
から
「宇宙基地
たのしい合体おもちゃつき」
に変更されています。
でも、2弾からは「
たのしくつながる」に戻っています。


また、サイドの面では
「原材料」の書き方が変更されています。
それ以降(2弾3弾)はすべてこれと同じです。
1弾と2弾は、同時に売られていた時期がある。

○弾分けについて


第1弾は「宇宙基地」
第2弾は「UFO軍団」
第3弾は「なぞの秘密基地」

どの弾にも、人形や乗り物のおまけがあり、第3弾では、秘密基地が6種類あります。

集めてみて分かってきたのですが、どの弾にも次のような特徴があります。
人形は10種類、乗り物などは14種類
各弾24種類

   
1弾「宇宙基地」
24種類

1弾の人形はそれぞれ2種類存在しており、合計20種類。
乗り物に関しては、微妙な違いがあるのが存在しています。
(ロットの違いなのでしょうが)。
こちらの確認では、
6機が2種類あり12、
8機が3種類あり24(計36種類)
というわけで、1弾は、全部でなんと、
56種類あることになります!
機体の裏面に書いてある「明治製菓」のロゴの
場所の違いなどがちょと違うのものあり、種類はまだまだかと。

実はのUFO
は、もう1種類あります。

それを含めると、なんと
57種類!
2弾「UFO軍団」
人形10種、乗り物14種
全24種類

3弾「謎の秘密基地」
2弾同様
人形10種、基地6種、乗り物8種
全24種類

おまけはとてもリアルな人形や凝った基地、乗り物に変わっています。

「なぞの秘密基地」シリーズでは、おまけと同様に箱イラストも東京タワーや
ダム等の建造物に偽装した秘密基地のイラストになっています
このシリーズでは、それまでのおまけに使われていたボールジョイントと長方
形のジョイントのほかに新たに小型のピン状のジョイントが設けられているよ
うになりました。


謎の秘密基地シリーズの東京タワーの頂点に
ボールジョイントがついていませんが、TVCMでは
ボールジョイントがついていた
ようです。
ひょっとするとCMに出ていたのは試作品か何かで
製品版とは違くなってしまったのでしょう。
 


1弾「宇宙基地」
全24種類
(51種類)

箱絵の種類は20種です。
・キャタピラレッグ基地
・マルチレッグ基地
・アストロボデー基地
・エネルギーボデー基地
・ロボレッグ基地
・タイヤーレッグ基地
・マジックアーム基地
・マルチアーム基地
・ランドボデー基地
・レストボデー基地
・ドリルヘッド基地
・ショベルアーム基地
・パンチアーム基地
・ファイヤーアーム基地
・イーグルヘッド基地
・ヘルヘッド基地
・ロボヘッド基地
・スクリューレッグ基地
・?


裏の基地の絵では、
主に先頭を
担当しているようです。
裏の基地の絵では、
主に中間を
担当しているようです
裏の基地の絵では、
主に後方を
担当しているようです。


こちらは、第1弾の人の形をしたおまけです。
第1弾とした理由は、
それぞれの人形に2パターン存在しているものを集めてみると、
このようになり、おまけの数も、なんだかいい感じになったからです。
本当にこれらが第1弾かは不明ですが、たぶんそうでしょう。
ただ、なぜ2パターン存在しているのかは不明です。
もしかすると、第2弾の「UFO軍団」の時に増産されたのかも?

こちらは、第1弾の乗り物類です。
ひとつの形に、微妙な違いのあるものがあります。
(それぞれ2〜3種)
画像では違いがよく分かりませんが、確かに違います。
違いは、窓の大きさ、微妙なラインの違いなど、さまざまです。
また、明治製菓のロゴの配置の違いだけのものもあります。
とりあえず手元にあるものを比べてみました。


2弾「UFO軍団」
人形10種、乗り物14種
全24種類


箱絵の種類は20種です。

・えいが基地
・岩石基地
・空母基地
・クレーン基地
・研究所基地
・消防UFO
・スクールUFO
・ステーション基地
・SL基地
・ゼロ戦基地
・そうじ基地
・ダブルドリル基地
・ドーム基地
・パトロールUFO
・飛行船基地
・病院基地
・マジックハンド基地
・野球基地
・レーシング基地





3弾「謎の秘密基地」
2弾同様
人形10種、基地6種、乗り物8種


おまけはとてもリアルな人形や凝った基地、乗り物に変わっています。

箱絵の種類は20種類です。基地の名前は以下の通りです。
・お城基地
・お堂基地
・海上基地
・かいぞく基地
・海底基地
・火山基地
・ガスタンク基地
・学校基地
・五重塔基地
・大仏基地
・大木基地
・滝基地
・タワー基地
・だんがい基地
・天文台基地
・とう台基地
・はくぶつかん基地
・橋基地
・ビル基地
・放送局基地




こちらが正義の味方?
こちらが悪の軍団?




類似品いろいろ

当時売られていた、合体チョコボールの類似品です。
「UFO基地合体セット」というもので、とても大きな
飛行物体が2つもついています。
ケースの上には値段が300円と書かれていますが、
ケースの横には700円と書かれた値札が貼られています。

小さいのは全部で12種類!類似品の中では、
出来が良い方で、本物とよく似ています。


(大きい飛行物体同士もくっつきます!すごい!)

こちらは駄菓子屋で売られていたものです。
「ドッキングステーション」という名前です。

14個入りであまりできの良いとは言い難いものが
入っています。

種類を数えてみたら、全部で16種類ありました。


あんちょのページTOPへ